ガソリン高騰の理由

スポンサードリンク

2011年ガソリン高騰の原因

石油価格が今またもや世界経済を吹き飛ばすほどの力で高騰をしている。数年前に起こったばかりの石油ショックだが、あのときは一時期恐ろしいまでの価格上昇を見せたものの、去年くらいまでは落ち着きを取り戻していた。

しかし、今年に入ってまたもやガソリンの価格が軒並み高騰するという自体になっている。どうしてそのような自体になってしまったのか。

原因として心配されることとしては世界の原油産出量の3分の1を占める中東と北アフリカだが、最近ニュースを賑わせているリビアの騒乱によって石油の供給に混乱させるのではないかということが考えられる。

毎日のように報道されるニュースの中で、ムアマル・カダフィ大佐が辞めるだの辞めないだの言ってる間にも、動乱によって国が分裂するような事態に陥っていたわけで、当然のように外国人労働者が逃げ出したりすることでリビアの原油算出量は半減しているのだ。この混乱が中東全域に広がれば石油の供給混乱はますます拡大していくだろう。

先だってサウジアラビアが原油の増産を約束することで価格も落ち着いたが、これでも以前の水準にはまだ及ばない。

これらの動きによって石油供給が減少するという事態が現実のものになるおそれがあるほかにも、それに伴って原油価格が急騰することもありえる。
さらにはこの石油の価格上昇がインフレを煽って、金融に対しても大きな影響を及ぼし、世界中における景気回復を妨げる可能性もある。

このガソリン高騰における問題は、実に社会全体的に多くの問題を併発するものであるのだ。

どうしてガソリンは高騰するのかのホームページを更新しました。

スポンサードリンク

posted by ガソリン at 00:09 | ガソリン高騰
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。